引越し ネット回線

引越し先のインターネット回線の契約に最適なWiMAX

引越しはめんどうなもので、インターネット回線の解約や新規申込といった手続きが伴います。
転居先のマンションやアパートなどで、思うようなネット環境が整っていない場合もあります。

いろいろと手間がかかる引越し後のネット回線の準備ですが、それらの問題をとても簡単に
解決できる方法があります。それは、無線(ワイヤレス)通信の「WiMAX(ワイマックス)」です。

WiMAXを簡単に説明すると、以下のとおり。

工事不要で、ルーターが届けばすぐにネットが利用できる
・ 引越しの時も、WiMAXのエリア内での移動なら、ネット接続できない期間がない
・ モバイルルーターなので、自宅でも出先でもネット接続できる
・ 下り最大40Mbpsの高速インターネットが、定額制で速度制限なし
・ パソコンもタブレットもスマホも、複数同時に接続できる
・ ワイヤレス(無線)だから、面倒な配線の手間もいっさいない

プロバイダと契約すると、だいたいの場合、無料でモバイルルーターが手に入ります。
そのルーターがあれば家でパソコンを使うときも、外でスマホを使うときもネットに接続できます。

工事が不要なので、ルーターが届いたその日からネット接続が可能となります。
また料金は月額一定額の定額制で、1年契約も可能。更新もしくは解約が無料でできます。

そして最大のメリットは、ほかのサービスにはある速度制限が、WiMAXにはないこと。
ほかでは月間の通信量が7GBを超えたら速度制限がかかりますが、WiMAXは使い放題です。

WiMAXを契約しておけば、また引越しする時にも困りません。サービスエリアはとても広く、
全国主要都市人口カバー率は99%です。引越し先がエリア内なら、即日ネット接続できます。

まさに、引越しのときのために作られたような、引越しに最適なサービスなのです。

プロバイダの選び方

WiMAXをはじめるには、プロバイダ契約が必要です。ほかにパソコンやスマホなどの端末、
そしてWiMAX用のルーターが必要ですが、スマホなどはすでに持っているはずなので大丈夫でしょう。
ルーターに関しては、プロバイダとの契約時に無料で手に入ります。

プロバイダ選びは簡単です。「料金」のみを比較すればOKだからです。
WiMAXはすべてのプロバイダで、エリアも速度も同じなので、料金のみが重要ポイントなのです。

ほかのポイントとしては、しいて言えば、大手で安心できるプロバイダであることも大事です。
定額制で使い放題といっても、安い買い物ではないので、信頼できる相手のほうが良いでしょう。

下記に、WiMAXのおすすめプロバイダを2社のみ紹介しています。
約20社を比較した結果、最も安く、さらに信頼できる大手のプロバイダを厳選しました。

ぜひ、あなたの引越し後のネット回線選びに、役立ててください。

いちばん人気「@nifty WiMAX」

@nifty WiMAX

12,001円キャッシュバックで人気No.1
富士通グループのニフティが運営する「@nifty WiMAX」は、1年間のトータル費用が28,370円(税抜)で、大手プロバイダで2位の安さ(当サイト調査20社中)。

価格は2位ですが、人気は1位。その理由は、なんといっても富士通グループという看板からくる安心感です。プロバイダとしての実績、信頼性で選ばれて人気No.1となっています。

月額費用3,670円(税抜)、初月月額と事務手数料が無料、ルーター1円(クレードル付き)、キャッシュバック12,001円(3月キャンペーン)。

契約更新月での解約なら、解約手数料もかかりません。1年契約で利用できます。
いまWiMAXを契約するなら、@nifty WiMAXが最もオススメです。

「@nifty WiMAX」の詳細・申込ページはこちら

※ 上記の申込ページでは新サービス「WiMAX 2+」も申し込めるので気を付けてください。
現状はエリアが狭く使いものになりません。当サイトでおすすめしている従来のWiMAXを選ぶには、
「Flat 年間パスポート」のほうを選択する必要があります。気を付けてください。

価格最安「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB

高額13,000円キャッシュバックで大手最安
GMOインターネットが運営する「GMOとくとくBB」は、当サイト調査20社中で最安価格。1年間のトータル費用は26,501円(税抜)で、ほかのプロバイダを圧倒しています。

月額費用3,591円(税抜)、初月月額と事務手数料が無料、ルーター0円(クレードル付き)、キャッシュバック13,000円(3月キャンペーン)。

ルーターは全3種類で、2種類がクレードルセット料金で0円、1種類のみクレードルがなく、そちらは充電台を購入する場合に別途2,500円(税抜)がかかります。

初期費用がいっさいかからず、無料でWiMAXをスタートできて、年間価格が最安。
値段でプロバイダを選ぶなら、GMOとくとくBBが最もオススメです。

「GMOとくとくBB」の詳細・申込ページはこちら

「クレードル」って何?

WiMAXのルーターには「クレードル」がセットになっているものがあります。
クレードルとは、ルーターをそこにセットすることで、立てて置くことができるものです。

立てて置ける以外に、もうひとつ重要な役割があります。それは、無線対応していない
パソコンとLANケーブルでつなぐことで、有線でネット回線に接続できるようにするためです。

WiMAXのルーターは無線であり、無線機能をもっているスマホやタブレットではそのままの使用が
可能ですが、無線機能をもっていないパソコンの場合にはネット接続ができません。

その場合、クレードルの背についているLANポートにケーブルをつなぐことによって、
無線対応していないパソコンでもWiMAXを使用できるようにすることができます。

クレードルはそのために必要なものですが、上記のとおり、スマホやタブレットには不要であり
また無線対応しているパソコンにも不要なものなので、必ずしも必要なわけではありません。

無線通信関連のおすすめ情報などについて